急がば回れ!歩行や立ち上がりを安定させるリハビリ方法

こんにちは。

群馬県全域(伊勢崎市、太田市、館林市、桐生市、前橋市、高崎市など)、埼玉県の一部地域(本庄市、深谷市)で健康保険を使った訪問リハビリ・訪問マッサージをおこなっている、ぐんま訪問リハビリセンターです。

今回は、【在宅でのリハビリで、有効かつ安全に行える体幹を鍛えるリハビリ方法】をお伝えいたします。

このブログでも何度かご説明している点ですが、「早く歩けるようになりたい!」と言って、基礎的なトレーニングをせずに、いきなり歩行訓練をやりたがる患者様やご家族様がおりますす。

もちろん、そのお気持ちはよく分かるのですが、安定した歩行を実現するためにはその基礎となる、四肢や体幹の筋力強化、四肢や体幹の連動性、バランス力の強化などが非常に大切です。着実にステップを踏んでリハビリを行う事で転倒しにくい安定した歩行ができるようになります。

今回は、その中でも【体幹の筋力強化】に重点を置いた記事を書かせて頂きます。

歩行や座位の安定に大切な【体幹】とは

体幹は(簡単言うと)身体の胴体部分を意味し、腹筋や背筋などの腰回りの筋力を指します。

体幹は身体のバランスを良くするために必要な筋力であり、体幹が弱くなると

☑歩行の際にも身体がフラついてしまう
☑車イスやベッドに座位(座っている状態)の状態でも何かにつかまっていないと倒れてしまいそうになります
☑トイレなどで立ち上がる際に、身体がフラついてしまう

など、主に身体を支える事ができなくなるという事になってしまいます。
手や足をスムーズに動かすためにはその土台となる体幹を鍛える事が大切です。

脳梗塞や脳出血の後遺症の方こそ、体幹を鍛えるべき

特に、脳梗塞や脳出血後遺症で片麻痺の方などは、転倒を防ぐために(フラつかないために)、体幹を鍛える事は非常に重要です。

脳梗塞や脳出血の後遺症の方でも体幹を鍛える事で

・麻痺があっても、起き上がりや歩行の動作がしやすくなるので1人でできる事が多くなります
・患者様が1人でできる事が多くなるので、介護する側の負担も減ります
・姿勢が正しくなるので歩行が安定し、転倒しにくくなります

このように脳卒中の患者様にも高い効果が見込めるリハビリなので、是非、毎日の自主的なリハビリに取り入れてみてください。

自宅で1人でできて、体幹を鍛える効果的な2つのリハビリ方法

お尻上げ体操

体幹を鍛えるだけでなく、腹筋や背筋を鍛えるので便秘にも効果があるリハビリです。
また、股関節を動かすので股関節が固くなるのを防ぐ効果もあります。

【やり方】

1、ベッドに仰向けになり膝を曲げ足の裏をベッドにつけます。
(※補助の方がいれば足を抑えてもらうとお尻を上げやすくなります)
2、お尻を上に、上げます。
3、お尻を数秒~10秒間ほど上げたままにして、ゆっくりと下します。
4、これを10セットを目標に繰り返してください。

 

ゆらゆら体操

これも体幹を鍛えるだけでなく、腹筋や背筋を鍛えるので便秘予防にも効果的です。

【やり方】

1、ベッドに座った状態、もしくは、イスに座った状態で右⇒左⇒右に身体を傾ける。
(※補助の方がいない場合は、転倒しないように、てすりなどをすぐに持てる状態で行ってください。
2、慣れてきたら、前後に身体を揺らすのも効果的です。
3、さらには、円を描くように身体を揺らしてみてください。

いかがでしたでしょうか?

この2つのリハビリは自宅でも行えますし、手すりなどがあれば1人で安全にできますので、是非、毎日のリハビリに取り入れて頂き、体幹を鍛えて、1人でできる事を増やしていってください。歩行の際、立ち上がる際、座る際などにフラつかない安定した動作をするためにも日頃から体幹を鍛える事を意識してみることをお勧めいたします。

今回の記事も皆様の参考になれば幸いです。

ご不明点などもあれば、お気軽にお問い合わせくださいね。

ぐんま訪問リハビリセンター
URL https://gunma-rehabili.com/
群馬県伊勢崎市日乃出町492-5-101
【通話料無料】0120-187-497

脳梗塞後遺症・障がい者1級から4年で社会復帰されたS様のリハビリメニュー

こんにちは。

群馬県全域(伊勢崎市、太田市、館林市、桐生市、前橋市、高崎市など)、埼玉県の一部地域(本庄市、深谷市)で健康保険を使った訪問リハビリ・訪問マッサージをおこなっている、ぐんま訪問リハビリセンターです。

今回は、当社の利用者様の事例をお伝えいたします。

その利用者様(以後S様とします)は脳梗塞後遺症で右上下肢マヒ・障がい者認定1級を持っている方でした。

S様は当社にご依頼された時は歩くのもままならない状態でしたが、4年間、訪問リハビリ・マッサージを週4回受けて、ご自分でもリハビリを頑張られた結果、自転車にも乗れるようになり今では社会復帰する事ができるようになりました。

今回は、脳梗塞右マヒ・障がい者1級という状態から、社会復帰されたS様がどのようなリハビリを行っていたかをステップ・バイ・ステップでご説明させていただきます。

ステップ1:体幹や四肢の柔軟性、筋力強化

まず、ステップ1でやるべきリハビリトレーニングは体幹や四肢(上半身・下半身)の柔軟性や筋力の強化です。
(※体幹とは腹筋や腰回りの胴体部分を意味します)

よくある間違いとして、「すぐにでも歩けるようになりたい!」と気持ちだけが焦ってしまい、筋力も落ちている状態で歩く練習だけをやりたがる方がいます
ても、基礎体力が無い状態で歩く練習だけをやっていても歩けるようにはなりません。
歩けるようになったとしても、ふらついてしまうなどの不安定な歩行となってしまいます。

S様の場合も、急がば回れで最初の頃は、体幹・四肢の筋力強化をメインで行いました。
また、股関節などが固い状態ではスムーズな歩行もできませんので、柔軟性も併せて向上に努めました。

具体的に行ったメニューとしては、主に下記の3つです。

起立着席運動
車イスなどに座った状態から、立ち上がるのを繰り返す運動です。
スクワットに近い運動になります。
下肢の筋力強化に極めて効果の高い運動です。
筋力強化という観点で見ると、歩行訓練よりも起立着席運動の方が下肢の筋力を強化します。

筋力強化という視点で、あえてリハビリの優先度の順位をつけるのであれば、
座位<歩行訓練<起立着席運動
となります。

基礎トレーニング段階では最も重視してほしいリハビリトレーニングです。

起立着席運動ができない方の場合は、ベッドに横になった状態で足を伸ばす運動をします。抵抗をかける事と自分で動かしてもらう事により筋力強化を図ります。

腹筋運動
腹筋も体幹を強化するうえで大切なトレーニングです。

腰上げ運動
仰向けに寝た状態で、足を抑えてもらい下記写真のように腰をグッと上に持ち上げる運動
です。これも胴体部分の体幹を鍛えるトレーニングです。

このように最初は、基礎的なトレーニングを行う事により、歩行の際に重要となる、四肢の筋力強化や転倒しないためのバランス力(体幹)を鍛える事が重要です。

ステップ2:寝返りや起き上がり、四つん這いなどの動作を繰り返し行い、四肢や体幹の連動性を高める

ステップ1で四肢や体幹の筋力強化をして、体力がついてきたら次のステップでやるべき事は、四肢や体幹の連動性を高める事です。

筋力を強化するだけでは、身体は上手く使えるようになりません。
強化した筋力を上手く使えるようになるためのリハビリが今回のステップ2で取り上げる3つです。

このステップ2で行うべきリハビリトレーニングは主に下記の3つです。

起き上がり運動
ベッドから起き上がる動作を繰り返します。身体全体の連動性を高める運動です。

寝返り運動
ベッド上で寝返りを繰り返す運動です。
寝返りも四肢や体幹の連動性を高める上で効果的なトレーニングです。

四つん這い
四つん這いになって廊下を歩く運動です。
転倒の危険性も少なく、筋力強化・連動性の強化も図れる一石二鳥のトレーニングです。

このステップ2では、筋力強化と並行して、四肢や体幹の連動性を高めるトレーニングも取り入れる事で身体の使い方を覚えさせます。

ステップ3:膝立ち、片足立ち、平行棒を使っての横歩きなどで転倒しないためのバランス力、歩行の安定性を高めます。

ステップ1のトレーニングで四肢の筋力強化、体幹の筋力強化を図りました。
ステップ2のトレーニングでは、身体の連動性を高める事を目的としました。
そして、ステップ3では、より実践的なリハビリを行います。

特に、転倒しないためのバランス力強化や歩行の安定性を高める事を目的とした実践的なリハビリメニューを組みます。

膝立ち
片膝で立ってその姿勢を維持する運動です。
バランス力を向上させるために効果的。

片足立ち
片足で立つ運動です。
これもバランス力を向上させるのに役立ちます。

平行棒を使っての横歩き
平行棒を使って横歩きをする運動です。
バランス力を向上させるのに役立つと言われています。
バランス力を向上させることで歩行が安定します。

上記のようにステップ3では、実際に歩く練習をするにあたって、転倒しないための練習とも言えます。バランス力を向上させることで歩行が安定化しますので必ず取り入れてほしいリハビリです。

ステップ4:実際に歩く練習をしたり、階段や坂道なども歩く事で歩行能力を高めます。

ここまでのステップを踏んだら、あとは、実際に歩く練習を取り入れます。

転倒をして大腿骨や腰部を骨折してしまうと寝たきりになってしまうリスクが高まりますので、転倒に気をつけるのは絶対条件です。

最初は段差が少ない家の廊下などで歩く練習を行います。
慣れてきたら外を歩いてみたり、階段、坂道にもチャレンジする事で歩行能力が高まります。

 

脳梗塞右マヒ・障がい者1級の状態から社会復帰されたS様も、このようなステップを着実に踏んでいって1人で歩けるようになるまで回復され、現在ではリハビリを卒業し、会社に通っておられるようです。

今回の記事を読んでいただき、焦らず、1つ1つ段階を踏む質の高いリハビリを行っていただき、1人でも多くの方のADLが改善されることを願っております。

 

ぐんま訪問リハビリセンター
URL https://gunma-rehabili.com/
群馬県伊勢崎市日乃出町492-5-101
【通話料無料】0120-187-497


 

脳梗塞後遺症の訪問リハビリ事例~1か月で歩けるようになったH様のケース~

こんにちは。

群馬県全域(伊勢崎市、太田市、館林市、桐生市、前橋市、高崎市など)、埼玉県の一部地域(本庄市、深谷市)で健康保険を使った訪問リハビリ・訪問マッサージをおこなっている、ぐんま訪問リハビリセンターです。

今回は、実際にリハビリやマッサージの効果を実感して頂いている利用者様がどういった流れで訪問リハビリ・マッサージを行っているかを写真付きで説明させて頂きます。

脳出血後遺症、左片マヒのH様の当初の状態

今回のケースは、脳出血後遺症で左片マヒのH様です。

現状維持が目的である介護保険の性質上、どうしても施設に入所してしまうと、リハビリを受ける機会が少なくなってしまい、身体機能がやや低下してしまうというケースが多く見られます。H様もそういったご状況の患者様でした。

☑左上肢(特に手首)にやや拘縮がある
☑ベッドにいる時間が長いので、下肢の筋力が低下してしまっている
☑足首がやや固くなっている
☑ヘルニアもあるので腰に痛みがある
☑あまり動かないからか、便通も悪く便秘気味である
☑ご本人様は自主的に、立ち上がり訓練をするなど、非常に意欲がある

まずは拘縮予防の可動域訓練やストレッチ、腰の痛み緩和のためのマッサージを行います。


※腰のマッサージのご様子です

リハビリを重視してほしいというご要望のH様ですが、もちろん、最初から最後まで、リハビリという訳ではありません。特に、上肢にやや拘縮が見られ、足首に固さも見られるH様の場合、マッサージストレッチ、拘縮を防ぐための可動域訓練を行う事により、関節が固まるのを防ぐことも大切です。


※足首のストレッチです。

足首も固まってしまうと、転倒の危険性が上がってしまうので、ストレッチを行い固くなるのを防ぐようにしています。

次に、体幹や下肢の筋力強化トレーニングを行います


※足をけりだす運動です。

H様の場合、下肢の筋力がやや低下しているので、歩行などに重点を置いたリハビリだけでなく、下肢や体幹の筋力を強化する事で、歩行が安定するだけでなく、トイレの動作、座位の保持などにも役立ちます

また、胴体を意識したリハビリを行う事で、お腹にも力が入るので、便秘の解消にもつながります。


※腰を浮かせる運動です。

また、自主的なトレーニングとして、起立着席運動(車いすなどから立ち上る運動)をやって頂いております。マヒしている側だけでなく、マヒしていない側も含めて下肢の筋力を強化する事で、歩けなかった患者様が(装具や杖をついてではありますが)歩けるようになった事例もありますので、自主的なリハビリも頑張って頂きたいです。

下記の写真では、スタッフの補助をつけて行っておりますが、手すりなどにつかまりながら行う事で、転倒の危険性も少なく効果的に筋力を鍛える事ができます


※起立着席運動です

歩行訓練を行っております


※多少の補助をつけて歩行訓練を行っております

下肢の筋力強化も非常に大事ですが、今回のH様の場合、「自分の足で歩きたい」という要望が強かったこともあり、補助をつけて、廊下を1往復しております。現段階の目標としては、3往復することです。

自分の足で歩けたという感覚を再び、持てることで、性格も以前よりも明るくなった気がします。

注意点として、H様にも口を酸っぱくして言っているのですが、「一人では歩いたりしないようにしてください」と伝えております。

当ブログでも何度も伝えておりますが、万が一、転倒をしてしまい、大腿骨を骨折したり、腰部を骨折したりしてしまうと長期の入院になり、寝たきりになってしまうリスクが高まるからです。

そこはH様も充分に分かっておられるので、必ず、「補助をする事ができる私たちがいる時だけ一緒に歩く練習をしましょうね」という点を伝えております。

まとめ


※体幹を鍛えるトレーニングの様子です

このような

☑マッサージ
☑拘縮を防ぐための可動域訓練やストレッチ
☑ベッド上での筋力強化トレーニング(主に、下肢や体幹を鍛えます)
☑起立着席運動(車いすなどに座った状態から立ち上る運動)
☑(可能な方は)歩行訓練

などの流れで30分ほど、施設まで訪問してリハビリやマッサージを行っております。

その日の状況などによって、例えば、腰が特に痛い場合などはマッサージを重視する事もありますし、やる気に満ち溢れている日は、筋力強化のトレーニングを重視しておこなう日もあります。

上記のようなリハビリやマッサージを週に4-5回受けており、現在は、補助をつけてではありますが、自分の足で歩けるようになっています。体幹や下肢の筋力強化を図る事で、歩行もさらに安定化していくはずです。

今回は
訪問リハビリ・マッサージというのが、どういった事をやってくれるのか分からない!
という方向けに、実際にリハビリやマッサージを受けて効果を実感して頂いている利用者様の許可を得て、記事を書かせて頂きました。

脳梗塞や脳出血の後遺症でお悩みの方に対して、何らかのお役に立てれば幸いです。
ご不明な点などがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

ぐんま訪問リハビリセンター
URL https://gunma-rehabili.com/
群馬県伊勢崎市日乃出町492-5-101
【通話料無料】0120-187-497