脳梗塞・脳出血後遺症の患者様が知っておきたい興味深い2つの事例

こんにちは。

群馬県全域(伊勢崎市、太田市、館林市、桐生市、前橋市、高崎市など)、埼玉県の一部地域(本庄市、深谷市)で健康保険を使った訪問リハビリ・訪問マッサージをおこなっている、ぐんま訪問リハビリセンターです。

 

今回は、脳梗塞や脳出血後遺症の患者様にとって、興味深い2つのリハビリの事例をご紹介いたします。

 

現在、脳梗塞後遺症が軽い方も、重く出てしまっている方にもお役立ちできる記事となっております。

当初、マヒが軽かったのに歩けなくなってしまった事例

59歳の男性の事例です。
脳出血で右マヒの症状が出ておりました。

とある総合病院に入院していたのですが、入院後2週間ほどリハビリを受ける機会が無かったようです。

15日目からリハビリが始まったのですが、

☑マヒしている側のマッサージ
☑マヒしている側のリハビリ
☑ベッド上での関節運動(固くなるのを防ぐ運動)

など、入院部屋で行える簡単なリハビリをメインで行ったそうです。

36日目からリハビリ室でのリハビリに移ったのですがそこでも、

☑マヒしている右手の作業療法訓練(豆を箸でとったりする作業)
☑車イスを自力で動かす訓練

など、比較的、筋力を使わない運動をメインで行っていたようです。
また、ここでもマヒしている側のみリハビリを行い、マヒしていない側のリハビリは行わなかったそうです。

 

その結果、マヒしている側の改善は見られず、マヒしていない左側の下肢の筋力までも低下してしまい(廃用が進んでしまい)、立つことも歩くこともできなくなってしまいました。

マヒが重かったのに、歩けるようになった事例

71歳男性の事例です。
脳出血で左半身にマヒが出ておりました。

発症から3日で、早期リハビリに着手し、理学療法士(PT)さんや作業療法士(OT)さんのリハビリ以外の時間も自分で身体を動かす運動などを黙々とこなしておりました。

マヒの状態は重く、2か月程度、重度のマヒが続いたようですが根気強く、下記の事を行いました。

☑理学療法士さん、作業療法士さんがやってくれるリハビリ
☑自分で身体を動かす自主的なリハビリ
☑起立着席運動、歩行訓練、階段を上り下りする運動
☑麻痺している側だけでなく、麻痺していない側の筋力トレーニング

 

これらを繰り返し行った結果、装具をつけてではありますが一人で歩けるようになりました。

この2つの事例から得られる大切な4つのリハビリの教訓

何が成否を分けたのでしょうか?

それは

①マヒが軽かったとしても、油断せず、早期にリハビリをしなければいけない事
②座りながらできるリハビリなどではなく、起立着席運動(立位訓練)、階段を上り下りする運動、歩行訓練など、筋力を使うリハビリをする
③他人に動かしてもらう運動ではなく、自分の力で動かす運動をする事
マヒしていない側もリハビリを行い、麻痺していない側の筋力が低下する(廃用してしまう)のを防ぐ事

この4つに集約されます。

是非、この2つの事例と4つの教訓を頭に入れて、リハビリに取り組んでみてください。

 

ぐんま訪問リハビリセンター
URL https://gunma-rehabili.com/
群馬県伊勢崎市日乃出町492-5-101
【通話料無料】0120-187-497