こんなに怖い!リハビリをしないと現れる廃用症候群とは

こんにちは。

群馬県全域(伊勢崎市、太田市、館林市、桐生市、前橋市、高崎市など)、埼玉県の一部地域(本庄市、深谷市)で健康保険を使った訪問リハビリ・訪問マッサージをおこなっている、ぐんま訪問リハビリセンターです。

今回は、リハビリを行わないと身体に現れてしまう廃用症候群についてご説明いたします。

リハビリをしないと身体に現れる廃用症候群

 

今回の記事は、

・脳梗塞や脳出血を発症して、入院中の方
・脳梗塞や脳出血を発症したが、既に退院して自宅や施設にいる方

のいずれの方にも読んでほしい記事となっております。

それでは、リハビリをしない事によって身体に現れてしまう廃用症候群について説明していきます。

①筋肉の衰え

 

筋肉は1日使わないと、3-5%筋力が低下すると言われています。

特に、脳梗塞の患者様は麻痺が残るケースが多いのですが、リハビリをしないと麻痺をしていない側にも廃用が生じて筋力がどんどん落ちていく傾向があります

また、こうした筋力低下は上半身よりも下半身の方が早いので、起立着席運動や歩行などの運動は欠かせません。

※上半身よりも下半身の方が筋力低下が早い理由は、ベッドに寝ている状態でも上半身はモノを取ったり、食事をしたり、起き上がったりして身体を動かす機会が多いのに対し、下半身は寝た状態では動かす機会が無いためです。

②関節の拘縮

 

脳梗塞などで片マヒが生じてしまうと、、マヒ側の肘や膝が固くなってしまっているケースが良く見られます。

関節は動かさないとすぐに固まってしまいます。
長時間、動かさないでいると関節が固まってしまう可能性があるので、固くならないよう関節も動かしていく事が非常に大切です。

特に、拘縮が始まってしまっている方は、痛いからといって動かさない方が多いのですが、動かさないとどんどん悪くなってしまうので、少しづつ関節を動かしていくことを心がけてください、

③床ずれ(褥瘡)

寝たきりのケースでよく見られるのが、この床ずれです。

寝たままの状態が続くと、お尻や背中、ももの裏側、かかとなどのベッドに接触している箇所の血流が悪くなり、組織が壊死することで、皮がむけ、穴ができることもあります。
これを床ずれ(褥瘡)と言います。

痛みも強く、治りにくい症状ですので、予防するのが非常に大切となります。

下記の3つに注意して床ずれを防いでください。

①極力、同じ姿勢をとらないように心がける
②運動して、自力で寝返りをうてるようにする
③しっかりと栄養を取って筋肉や脂肪が落ちないようにする

④うつ病や認知症などの精神的疾患

 

脳梗塞や脳出血を発症してしまうと、どうしても悲観的になってしまい、うつ病などの症状が出る方が多くいます。脳卒中になった方のうち30-50%がうつ状態になるというデータもあります。

でも、そのまま落ち込んでリハビリをしないと、筋力がどんどん低下し、関節の拘縮なども起こるなどますます動けなくなってしまいます。

起立着席運動や歩行訓練、ベッドで行えるリハビリなどを行い、「必ず良くなる」と信じてリハビリを継続する事が非常に大切です。特に、発症したばかりの方は回復がしやすい時期なので前向きな気持ちで早期にリハビリを行う事を心がけてください。

また、発症して寝たきりの状態が続くと、精神が混乱してしまい、呼びかけても反応しないなど認知症が進んでしまう恐れがあります。

リハビリなどの運動を行い、刺激を与えることで認知症の予防にもなります。
認知症になるのを防ぐためにも必ず早期にリハビリを行ってください。

⑤その他(肺炎、深部静脈血栓症、骨粗しょう症など)

寝たままの状態が長く続くと、痰(たん)やつばなどが気管に詰まって肺炎になりやすくなってしまいます。

また、エコノミー症候群のように下半身を動かさない事で血流が滞ってしまい血栓(血の固まり)ができたりもします。その血栓が肺にまで流れると、肺塞栓症という突然死を招くこともあります。

さらには運動不足から骨粗しょう症になってしまう事もあるので、しっかりとリハビリを行う事が大切です。

 

今回は主に、なぜリハビリをやらないといけないのかというお話をさせて頂きました。

本日の記事を読んで、リハビリの必要性を理解してリハビリに取り組んでいただきたいと思っています。

 

ぐんま訪問リハビリセンター
URL https://gunma-rehabili.com/
群馬県伊勢崎市日乃出町492-5-101
【通話料無料】0120-187-497


 

失敗しない訪問リハビリ・訪問マッサージ業者の選び方

こんにちは。

群馬県全域(伊勢崎市・太田市・館林市・桐生市・前橋市・高崎市など)、埼玉県の一部地域(本庄市・深谷市)で健康保険を使った訪問リハビリ・訪問マッサージをおこなっている、ぐんま訪問リハビリセンターです。

 

今回は、失敗しないための訪問リハビリ・訪問マッサージ業者の選び方をお伝えいたします。

 

病院に入院中は質の高いリハビリを受けることができて、どんどん良くなっていったのに退院してしまうと、リハビリをする機会がガクンと減ってしまいお身体の状態が悪くなってしまうケースがよく見られます。

 

病院を退院してからリハビリをする手段としては、

介護保険を使った理学療法士(PT)や作業療法士(OT)による訪問リハビリ
健康保険(医療保険)を使ったマッサージ師や鍼灸師による訪問リハビリ・マッサージ
自由診療(自費)のリハビリ(東京や大宮などの都心部で最近よく見かけます)

などが挙げられますが、

 

今回は②の健康保険を使った訪問リハビリ・訪問マッサージについて、どういった業者を選べば良いか、注意すべきポイントなどをお伝えいたします。

 

①の介護保険を使った訪問リハビリの場合、理学療法士(PT)か作業療法士(OT)が担当するので、どこの業者さんに頼んでもリハビリのレベルが担保されているから安心であるのに対し、②の健康保険を使った訪問リハビリ・訪問マッサージはリハビリの技術力にかなり差があるのが実情なので、今回、私がお伝えする内容を踏まえて最も自分に最適なリハビリやマッサージを選んでください。

 

※③の自費のリハビリは理学療法士などが担当しており、リハビリのレベルは非常に高いと思われますが、費用が高額であり誰もが受けられる訳ではないため今回は割愛します。

健康保険を使った訪問リハビリ・マッサージ業者を選ぶ際の3つのポイント

 

(1)病院などでのリハビリ経験があるか?無いとしたら、リハビリの講習などに行ってリハビリの技術を磨いているか?

 

マッサージ師や鍼灸師の中には病院でのリハビリ経験がある方が少なからずおります。

 

当社でも理学療法士(PT)の資格を持っているスタッフだけでなく、群馬県伊勢崎市の美原記念病院、群馬県太田市の城山病院、群馬県みどり市の東邦病院、埼玉県本庄市の岡病院の元・リハビリスタッフなどが在籍しています。

 

病院でのリハビリ経験者は、リハビリの技術力も高いので

・脳梗塞後遺症で片マヒがある方
・パーキンソン病などで身体が動かなくなってきてお困りの方
・パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症(ALS)、脊髄小脳変性症などの進行性のご病気でお悩みの方

に関しては、病院でのリハビリ経験があるスタッフによる訪問リハビリ・マッサージを推奨しております。

 

もちろん、病院でのリハビリ経験が無いから、リハビリが一切できないかと言うとそんな事はありません。

 

病院でのリハビリ経験は無くても、定期的にリハビリの講習に行って技術力を高めているマッサージ師や鍼灸師もおります。

 

リハビリ経験があるか?もしくはリハビリに力を入れているか?というのは、訪問リハビリ・マッサージを選ぶ際に非常に重要なポイントとなりますので抑えておいてください。

 

(2)リハビリの時間を1回30分程度(もしくはそれ以上)とってくれるか?

 

訪問リハビリ・マッサージ業者の中には効率を重視して1回15分~20分程度にして、数をこなすことを目的としている方もおられます。

 

もちろん、長い時間をかけることが必ずしも良いとは思っておりません。
短くても質の高いリハビリができるのであればそれでも良いのでしょうが、経験上、20分では質の高いリハビリはできません

 

ベッド上でマッサージや可動域訓練(体が固くならないようにする運動)、筋力トレーニングをするだけで20分程度はかかります。そこから立つ練習をしたり、歩行訓練やバランス力を高めるための運動をするとどうしても30分はかかってきます。

 

是非、健康保険を使った訪問リハビリ・マッサージをする際には「時間は何分やってくれるんですか?」という質問をしてみてください。

 

(3)リハビリスタッフが複数人、在籍しているか?特に女性スタッフが在籍しているか?

 

脊柱管狭窄症の患者様にマッサージもできて、軽度の脳梗塞患者様のリハビリも対応できて、関節が固くなってしまっている方の可動域訓練も対応できる等といった何でもできるリハビリスタッフは少ないのが現状です。

 

経験などによって、それぞれ、スタッフごとに得意なジャンルがあります。

 

歩行訓練が得意というスタッフもいれば、軽度の脳梗塞患者様のリハビリが得意なスタッフ、リハビリはできないけれども脊柱管狭窄症の患者様の痛みを緩和するためのマッサージは得意というスタッフなど。

 

リハビリスタッフが複数、在籍している事で、患者様の要望・状態に応じた最適なスタッフにリハビリを担当させる事が可能です。

 

特に、1人暮らしの女性の患者様の場合、男性スタッフが来るのは抵抗がある方も多いので、女性スタッフが在籍しているとより良いです。

 

また、女性患者様にリハビリをする場合、どうしてもお身体に触れなくてはいけないので、女性がリハビリを行った方が安心して取り組めるというお声もよく頂きます。

 

上記の3つのポイントを抑えて頂ければ、健康保険を使った訪問リハビリ・マッサージをする事で、退院後も質の高いリハビリを継続できるはずです。

本日の記事が皆様の参考になれば幸いです。

 

ぐんま訪問リハビリセンター
URL https://gunma-rehabili.com/
群馬県伊勢崎市日乃出町492-5-101
【通話料無料】0120-187-497

無料体験も実施しておりますので、お気軽にご連絡ください。


 

脳梗塞や脳出血の後遺症から回復し、社会復帰できた方々に見られる4つの共通点

こんにちは。

群馬県全域(伊勢崎市・太田市・館林市・桐生市・前橋市・高崎市など)、埼玉県の一部地域(本庄市・深谷市)を中心に、健康保険を使った訪問リハビリ・訪問マッサージをおこなっている、ぐんま訪問リハビリセンターです。

 

今回は、脳梗塞や脳出血の後遺症から、社会復帰できたり自宅に戻れるようになった方に多く見られる共通点をご紹介していきます。

 

もちろん、脳梗塞や脳出血になられた皆さまが全て回復できるわけではありません。
ご年齢の関係などもあり、お身体の現状維持が精いっぱいというケースも正直多くあります。

 

ただ、その中でも脳梗塞や脳出血の後遺症などで、障がい者認定1級を持っていても社会復帰できたり、自宅に戻れるようになった方も見られます。そういった方々の共通点を知る事で皆様のリハビリのお役に立てるのではないかと思い、今回は記事を書かせて頂きました。

共通点①
病院での入院時(特に回復期)にリハビリを非常に頑張っている

 

以前の記事でも書きましたが

脳梗塞や脳出血を発症してから、6か月間(急性期・回復期)というのが最も身体の機能が回復する時期です。この時期にリハビリを頑張る事が最も大事です。

特に、回復期を過ごすようなリハビリ専門病院では、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)さんなどがいて、みっちりと各1時間、専門のリハビリを受けることができます。

退院してしまい自宅に戻ったり、施設に入ってしまうと、ガクンとリハビリをする機会が減ってしまうので病院での入院期間をできるだけ長くしてもらい、回復期にリハビリを頑張る事が非常に大切です。

共通点②
病院の入院中、リハビリ以外の時間も自主的なリハビリを頑張っている

 

いくら回復期を過ごす病院でのリハビリ専門スタッフが優れているといっても、リハビリの時間だけを頑張っていても、それ以外の時間を眠って過ごしていてはダメです。

理学療法士(PT)さんにリハビリを教えてもらったら、それ以外の時間も(危険のない範囲で)手すりにつかまって起立着席運動を行ったり、歩行器で病棟内を歩くなど、自主的なリハビリを頑張る事が大切です。

社会復帰されたような方々に聞くと、皆一様に、「リハビリ以外の時間も自主リハビリを頑張っていた」と仰っておられます。理学療法士さんとのリハビリを頑張るだけでなく、自主的なリハビリこそ大事だということですね。

共通点③
病院を退院後も、自宅や施設でリハビリを継続して行っている

 

基本的には、退院後の維持期というのは、急性期や回復期に比べると回復のペースは落ちるケースが多いです。しかし、だからといって退院して自宅や施設に行ってからリハビリをしなくても良いのかと言われたらそれは、NOです。

特に高齢の方の場合、リハビリをしないと筋力がどんどん低下していきます

退院後も必ず、

・介護保険を使った通所リハビリ、訪問リハビリ
・健康保険を使った訪問リハビリ・訪問マッサージ

などを利用して、退院後もリハビリの機会を落とさない事を心がけてください。

 

脳梗塞後遺症・障がい者1級から社会復帰された伊勢崎市在住のS様(50歳代)も、

・週4回、当社での訪問リハビリ・マッサージ
・毎日、部屋の中を膝立ちで歩いたり、起立着席運動などの自主トレーニング

を黙々とこなしておりました。

共通点④
比較的、年齢が若い

 

やはり、75歳を過ぎている後期高齢者の方と、65歳程度の方を比較してしまうと、若い方の方がお身体の回復は早い傾向は見られます。

これは、高齢の方の場合、身体を動かさない事による筋力低下のペースが早いためです。

もちろん、75歳を過ぎているのにリハビリを頑張って、車いすに乗っていたのが歩けるようになり、施設から自宅に戻られている方などもおります。「若い者には負けないぞ」という心意気で自主的なリハビリを頑張ってください。

 

もちろん、この要件を満たしている事が理想ですが、「病院でのリハビリで思うように結果が出なかった」「若くないからもう無理だ」というケースでも退院後にリハビリを頑張って歩けるようになった方もおりますので諦めずにリハビリを継続することが大事です。

今回の記事が皆様のお役に立てれば幸いです。

 

 

ぐんま訪問リハビリセンター
URL https://gunma-rehabili.com/
群馬県伊勢崎市日乃出町492-5-101
【通話料無料】0120-187-497