リハビリ難民の救世主!? 健康保険が使える訪問リハビリ・マッサージ

こんにちは。

群馬県全域(伊勢崎市、太田市、館林市、桐生市、前橋市、高崎市など)、埼玉県の一部地域(本庄市、深谷市)で健康保険を使った訪問リハビリ・訪問マッサージをおこなっている、ぐんま訪問リハビリセンターです。

今回は、ほとんどの方が知らない、健康保険(医療保険)を使った訪問リハビリ・訪問マッサージについてご説明させて頂きます。

病院を退院してリハビリがガクンと減ってしまった方、病院に入院中はなんとか一人で歩けたが退院してから歩けなくなってしまった方などにお役だちできる記事となっております。

現在のリハビリの問題点~退院後はリハビリを受けたくても受けられない~

病院での入院中に行うリハビリには「急性期リハビリ」と「回復期リハビリ」の2つがあります。

しかし、急性期リハビリと回復期リハビリは、家庭での生活に必要な最低限の身体機能のみの回復を目的としています

具体的に言うと、歩行に関しては、「歩行器や杖、装具などの補助器具を用いて歩く事ができるようになること」が目標となり、自分の足で歩けることを目的としているものではありません。

☑脳卒中の後遺症が軽度の場合は、入院中のリハビリで自力で歩けるようになることも充分に可能です。

脳卒中の後遺症が重度の場合は、一人では歩けない状態でリハビリを終えなければならないケースも多いのです。

重度の後遺症が残った方は、医療機関で入院リハビリを終えた後、有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅に転院したり、自宅からデイサービスに通院するなどリハビリを継続する努力をしなければなりません。

しかし、介護保険を用いたリハビリは、歩けるようになる等の身体機能の改善が目的ではなく、現状維持が目的となっています。

☑デイサービスなどの施設の場合は、マンツーマンでのリハビリではなく集団での運動になっているケースが多く、個々人に合わせたリハビリができません。
☑有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅などの施設の場合は、そもそもリハビリができるスタッフさんがいないケースも多いです。

結果として、現在の日本の医療制度では、リハビリが受けたくても受けられないというリハビリ難民を産みだしているという結果になってしまっております。

介護保険が一杯でも受けられる!健康保険を使った訪問リハビリ・マッサージ

「リハビリを受けたいけど、充分なリハビリが受けられていない」という方に、知っていただきたいのが、健康保険を使った訪問リハビリ・訪問マッサージです。

訪問リハビリ・マッサージは、脳梗塞や脳出血の後遺症などで歩行が困難で病院に通うのも大変な方に対して、ご自宅まで訪問してリハビリやマッサージを行うサービスです。病院と同じように健康保険が使えるため、1回300円‐400円程度で受ける事ができます。
※障がい者1級・2級の方は国の補助が出るため、無料です。

どういう人がリハビリやマッサージをしてくれるの?

介護保険の訪問リハビリの場合は、理学療法士さん(PT)や作業療法士さん(OT)、看護師さんが、ご自宅まで来てリハビリやマッサージをします。

一方、健康保険を使った訪問リハビリの場合は、国家資格を持ったマッサージ師(鍼灸師)がリハビリやマッサージ、鍼灸などを行います。

注意点としては、介護保険の場合も、健康保険の場合も、『自分が求めるリハビリができるか』を予め確認しておくことが非常に大切です

例えば、介護保険の訪問リハビリの場合だと、歩行訓練を中心とした下肢のリハビリがしたいのに、理学療法士さんが来れず、上肢のリハビリを主とした作業療法士さんや、リハビリが得意でない看護師さんしか来れないというケースもあります。

健康保険の訪問リハビリの場合だと、リハビリをしたいのに病院でのリハビリ経験がないマッサージ師などに依頼してしまうと、そもそもリハビリができませんので目的を達成できません。

訪問リハビリを依頼するときは、今の自分の状況(脳梗塞左片マヒで歩くのが難しい等)や自分の目的(早期に歩けるようになりたい等)をしっかりと伝えて、自分に最適なリハビリ担当者をつけてもらうことが大切です。

介護保険の枠が一杯なんだけど受けられるの?

健康保険を使うため、介護保険が一杯でも受ける事ができるのも特徴です。
「介護保険を使った訪問リハビリを受けたいんだけど、介護保険の枠がいっぱいだからこれ以上の介護サービスは受けられないわ・・・」という方も安心して受ける事が可能です。

また、有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅などの施設で受ける事も可能です。
特に、施設に入所している場合、リハビリができるスタッフさんがいないケースも多いので、訪問リハビリ・マッサージのような外部サービスを上手く使う事で、リハビリの時間と頻度を確保する事が大切です。

パーキンソン病や脊柱管狭窄症、脊髄小脳変性症などの病気の人は受けられるの?

はい。脳梗塞や脳出血の後遺症以外の方にも効果をあげております。
パーキンソン病、脊柱管狭窄症、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症(ALS)、坐骨神経痛、変形性膝関節症などのご病気のお客様も受ける事が可能です。

 

ぐんま訪問リハビリセンター
URL https://gunma-rehabili.com/
群馬県伊勢崎市日乃出町492-5-101
【通話料無料】0120-187-497


 

失敗しない訪問リハビリ・訪問マッサージ業者の選び方

こんにちは。

群馬県全域(伊勢崎市・太田市・館林市・桐生市・前橋市・高崎市など)、埼玉県の一部地域(本庄市・深谷市)で健康保険を使った訪問リハビリ・訪問マッサージをおこなっている、ぐんま訪問リハビリセンターです。

 

今回は、失敗しないための訪問リハビリ・訪問マッサージ業者の選び方をお伝えいたします。

 

病院に入院中は質の高いリハビリを受けることができて、どんどん良くなっていったのに退院してしまうと、リハビリをする機会がガクンと減ってしまいお身体の状態が悪くなってしまうケースがよく見られます。

 

病院を退院してからリハビリをする手段としては、

介護保険を使った理学療法士(PT)や作業療法士(OT)による訪問リハビリ
健康保険(医療保険)を使ったマッサージ師や鍼灸師による訪問リハビリ・マッサージ
自由診療(自費)のリハビリ(東京や大宮などの都心部で最近よく見かけます)

などが挙げられますが、

 

今回は②の健康保険を使った訪問リハビリ・訪問マッサージについて、どういった業者を選べば良いか、注意すべきポイントなどをお伝えいたします。

 

①の介護保険を使った訪問リハビリの場合、理学療法士(PT)か作業療法士(OT)が担当するので、どこの業者さんに頼んでもリハビリのレベルが担保されているから安心であるのに対し、②の健康保険を使った訪問リハビリ・訪問マッサージはリハビリの技術力にかなり差があるのが実情なので、今回、私がお伝えする内容を踏まえて最も自分に最適なリハビリやマッサージを選んでください。

 

※③の自費のリハビリは理学療法士などが担当しており、リハビリのレベルは非常に高いと思われますが、費用が高額であり誰もが受けられる訳ではないため今回は割愛します。

健康保険を使った訪問リハビリ・マッサージ業者を選ぶ際の3つのポイント

 

(1)病院などでのリハビリ経験があるか?無いとしたら、リハビリの講習などに行ってリハビリの技術を磨いているか?

 

マッサージ師や鍼灸師の中には病院でのリハビリ経験がある方が少なからずおります。

 

当社でも理学療法士(PT)の資格を持っているスタッフだけでなく、群馬県伊勢崎市の美原記念病院、群馬県太田市の城山病院、群馬県みどり市の東邦病院、埼玉県本庄市の岡病院の元・リハビリスタッフなどが在籍しています。

 

病院でのリハビリ経験者は、リハビリの技術力も高いので

・脳梗塞後遺症で片マヒがある方
・パーキンソン病などで身体が動かなくなってきてお困りの方
・パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症(ALS)、脊髄小脳変性症などの進行性のご病気でお悩みの方

に関しては、病院でのリハビリ経験があるスタッフによる訪問リハビリ・マッサージを推奨しております。

 

もちろん、病院でのリハビリ経験が無いから、リハビリが一切できないかと言うとそんな事はありません。

 

病院でのリハビリ経験は無くても、定期的にリハビリの講習に行って技術力を高めているマッサージ師や鍼灸師もおります。

 

リハビリ経験があるか?もしくはリハビリに力を入れているか?というのは、訪問リハビリ・マッサージを選ぶ際に非常に重要なポイントとなりますので抑えておいてください。

 

(2)リハビリの時間を1回30分程度(もしくはそれ以上)とってくれるか?

 

訪問リハビリ・マッサージ業者の中には効率を重視して1回15分~20分程度にして、数をこなすことを目的としている方もおられます。

 

もちろん、長い時間をかけることが必ずしも良いとは思っておりません。
短くても質の高いリハビリができるのであればそれでも良いのでしょうが、経験上、20分では質の高いリハビリはできません

 

ベッド上でマッサージや可動域訓練(体が固くならないようにする運動)、筋力トレーニングをするだけで20分程度はかかります。そこから立つ練習をしたり、歩行訓練やバランス力を高めるための運動をするとどうしても30分はかかってきます。

 

是非、健康保険を使った訪問リハビリ・マッサージをする際には「時間は何分やってくれるんですか?」という質問をしてみてください。

 

(3)リハビリスタッフが複数人、在籍しているか?特に女性スタッフが在籍しているか?

 

脊柱管狭窄症の患者様にマッサージもできて、軽度の脳梗塞患者様のリハビリも対応できて、関節が固くなってしまっている方の可動域訓練も対応できる等といった何でもできるリハビリスタッフは少ないのが現状です。

 

経験などによって、それぞれ、スタッフごとに得意なジャンルがあります。

 

歩行訓練が得意というスタッフもいれば、軽度の脳梗塞患者様のリハビリが得意なスタッフ、リハビリはできないけれども脊柱管狭窄症の患者様の痛みを緩和するためのマッサージは得意というスタッフなど。

 

リハビリスタッフが複数、在籍している事で、患者様の要望・状態に応じた最適なスタッフにリハビリを担当させる事が可能です。

 

特に、1人暮らしの女性の患者様の場合、男性スタッフが来るのは抵抗がある方も多いので、女性スタッフが在籍しているとより良いです。

 

また、女性患者様にリハビリをする場合、どうしてもお身体に触れなくてはいけないので、女性がリハビリを行った方が安心して取り組めるというお声もよく頂きます。

 

上記の3つのポイントを抑えて頂ければ、健康保険を使った訪問リハビリ・マッサージをする事で、退院後も質の高いリハビリを継続できるはずです。

本日の記事が皆様の参考になれば幸いです。

 

ぐんま訪問リハビリセンター
URL https://gunma-rehabili.com/
群馬県伊勢崎市日乃出町492-5-101
【通話料無料】0120-187-497

無料体験も実施しておりますので、お気軽にご連絡ください。


 

健康保険が使える訪問リハビリ・訪問マッサージ

こんにちは。

群馬県全域(伊勢崎市・太田市・桐生市・館林市・前橋市・高崎市など)、埼玉県の一部地域(本庄市・深谷市)で健康保険を使った訪問リハビリ・訪問マッサージをおこなっている、ぐんま訪問リハビリセンターです。

今回は、世の中であまり知られていない健康保険を使った訪問リハビリ・マッサージをご説明いたします。

訪問リハビリ・マッサージって、なに?

脳梗塞や脳出血の後遺症、パーキンソン病、脊柱管狭窄症などで、歩行が難しい方のご自宅まで訪問してリハビリやマッサージを行うサービスです。

どんな人が来てくれるの?技術力は確かなの?

国家資格を持ったマッサージ師や鍼灸師が利用者様のご自宅まで伺いますので、プロの施術をご自宅で受けることが可能です。ご家族様が送迎する必要もありません。

ぐんま訪問リハビリセンターは、病院でリハビリを担当している理学療法士(PT)や本庄市の岡病院、太田市の城山病院、伊勢崎市の美原記念病院などでリハビリを担当していたスタッフも在籍しているため、マッサージだけでなくリハビリにも強いのが特徴となっています。

脳梗塞・障がい者1級からリハビリを頑張って社会復帰されている例や
「車いすだったのに、杖で歩けるようになった」などの喜びのお声も頂いています。

また、ぐんま訪問リハビリセンターでは、女性スタッフも多数在籍しているので、女性の1人暮らしの方でも安心してお受けいただけます。

料金はどの位で受けることができるの?

病院と同じように公的な健康保険が使えるサービスのため、1回300円~400円程度でリハビリやマッサージを受けることが可能です。

また、障がい者認定(1級・2級)を持っている方は、国からの公的補助がありますので、
無料で受けることができます。
(※群馬県太田市の場合、1級・2級・3級の方まで無料で受けることができます)

介護保険とは違うの?

訪問リハビリ・マッサージは健康保険を使うので、介護保険を一切使いません。
介護保険の枠がいっぱいだとしてもリハビリやマッサージを受けることが可能です。

誰でも受けることができるの?

脳梗塞や脳出血の後遺症、パーキンソン病、脊柱管狭窄症の患者様のように、痛みやマヒで病院まで1人で行くのも困難な方が受けることができます。

当社では、上記のご病気以外にも筋萎縮性側索硬化症(ALS)、脊髄小脳変性症、坐骨神経痛、脊髄損傷などで歩くのが大変な方などのリハビリにも携わっています。

なお、利用に当たっては、医師の同意(許可)が必要となっています。

訪問リハビリ・訪問マッサージを受けてみたい場合はどうすればいいの?

ぐんま訪問リハビリセンターでは、無料体験を行っておりますのでお気軽に

0120‐187‐497

までお電話ください。

 

 

ぐんま訪問リハビリセンター
https://gunma-rehabili.com/
群馬県伊勢崎市日乃出町492‐5‐101
通話料無料 0120-187-497