脳梗塞後遺症・障がい者1級から4年で社会復帰されたS様のリハビリメニュー

こんにちは。

群馬県全域(伊勢崎市、太田市、館林市、桐生市、前橋市、高崎市など)、埼玉県の一部地域(本庄市、深谷市)で健康保険を使った訪問リハビリ・訪問マッサージをおこなっている、ぐんま訪問リハビリセンターです。

今回は、当社の利用者様の事例をお伝えいたします。

その利用者様(以後S様とします)は脳梗塞後遺症で右上下肢マヒ・障がい者認定1級を持っている方でした。

S様は当社にご依頼された時は歩くのもままならない状態でしたが、4年間、訪問リハビリ・マッサージを週4回受けて、ご自分でもリハビリを頑張られた結果、自転車にも乗れるようになり今では社会復帰する事ができるようになりました。

今回は、脳梗塞右マヒ・障がい者1級という状態から、社会復帰されたS様がどのようなリハビリを行っていたかをステップ・バイ・ステップでご説明させていただきます。

ステップ1:体幹や四肢の柔軟性、筋力強化

まず、ステップ1でやるべきリハビリトレーニングは体幹や四肢(上半身・下半身)の柔軟性や筋力の強化です。
(※体幹とは腹筋や腰回りの胴体部分を意味します)

よくある間違いとして、「すぐにでも歩けるようになりたい!」と気持ちだけが焦ってしまい、筋力も落ちている状態で歩く練習だけをやりたがる方がいます
ても、基礎体力が無い状態で歩く練習だけをやっていても歩けるようにはなりません。
歩けるようになったとしても、ふらついてしまうなどの不安定な歩行となってしまいます。

S様の場合も、急がば回れで最初の頃は、体幹・四肢の筋力強化をメインで行いました。
また、股関節などが固い状態ではスムーズな歩行もできませんので、柔軟性も併せて向上に努めました。

具体的に行ったメニューとしては、主に下記の3つです。

起立着席運動
車イスなどに座った状態から、立ち上がるのを繰り返す運動です。
スクワットに近い運動になります。
下肢の筋力強化に極めて効果の高い運動です。
筋力強化という観点で見ると、歩行訓練よりも起立着席運動の方が下肢の筋力を強化します。

筋力強化という視点で、あえてリハビリの優先度の順位をつけるのであれば、
座位<歩行訓練<起立着席運動
となります。

基礎トレーニング段階では最も重視してほしいリハビリトレーニングです。

起立着席運動ができない方の場合は、ベッドに横になった状態で足を伸ばす運動をします。抵抗をかける事と自分で動かしてもらう事により筋力強化を図ります。

腹筋運動
腹筋も体幹を強化するうえで大切なトレーニングです。

腰上げ運動
仰向けに寝た状態で、足を抑えてもらい下記写真のように腰をグッと上に持ち上げる運動
です。これも胴体部分の体幹を鍛えるトレーニングです。

このように最初は、基礎的なトレーニングを行う事により、歩行の際に重要となる、四肢の筋力強化や転倒しないためのバランス力(体幹)を鍛える事が重要です。

ステップ2:寝返りや起き上がり、四つん這いなどの動作を繰り返し行い、四肢や体幹の連動性を高める

ステップ1で四肢や体幹の筋力強化をして、体力がついてきたら次のステップでやるべき事は、四肢や体幹の連動性を高める事です。

筋力を強化するだけでは、身体は上手く使えるようになりません。
強化した筋力を上手く使えるようになるためのリハビリが今回のステップ2で取り上げる3つです。

このステップ2で行うべきリハビリトレーニングは主に下記の3つです。

起き上がり運動
ベッドから起き上がる動作を繰り返します。身体全体の連動性を高める運動です。

寝返り運動
ベッド上で寝返りを繰り返す運動です。
寝返りも四肢や体幹の連動性を高める上で効果的なトレーニングです。

四つん這い
四つん這いになって廊下を歩く運動です。
転倒の危険性も少なく、筋力強化・連動性の強化も図れる一石二鳥のトレーニングです。

このステップ2では、筋力強化と並行して、四肢や体幹の連動性を高めるトレーニングも取り入れる事で身体の使い方を覚えさせます。

ステップ3:膝立ち、片足立ち、平行棒を使っての横歩きなどで転倒しないためのバランス力、歩行の安定性を高めます。

ステップ1のトレーニングで四肢の筋力強化、体幹の筋力強化を図りました。
ステップ2のトレーニングでは、身体の連動性を高める事を目的としました。
そして、ステップ3では、より実践的なリハビリを行います。

特に、転倒しないためのバランス力強化や歩行の安定性を高める事を目的とした実践的なリハビリメニューを組みます。

膝立ち
片膝で立ってその姿勢を維持する運動です。
バランス力を向上させるために効果的。

片足立ち
片足で立つ運動です。
これもバランス力を向上させるのに役立ちます。

平行棒を使っての横歩き
平行棒を使って横歩きをする運動です。
バランス力を向上させるのに役立つと言われています。
バランス力を向上させることで歩行が安定します。

上記のようにステップ3では、実際に歩く練習をするにあたって、転倒しないための練習とも言えます。バランス力を向上させることで歩行が安定化しますので必ず取り入れてほしいリハビリです。

ステップ4:実際に歩く練習をしたり、階段や坂道なども歩く事で歩行能力を高めます。

ここまでのステップを踏んだら、あとは、実際に歩く練習を取り入れます。

転倒をして大腿骨や腰部を骨折してしまうと寝たきりになってしまうリスクが高まりますので、転倒に気をつけるのは絶対条件です。

最初は段差が少ない家の廊下などで歩く練習を行います。
慣れてきたら外を歩いてみたり、階段、坂道にもチャレンジする事で歩行能力が高まります。

 

脳梗塞右マヒ・障がい者1級の状態から社会復帰されたS様も、このようなステップを着実に踏んでいって1人で歩けるようになるまで回復され、現在ではリハビリを卒業し、会社に通っておられるようです。

今回の記事を読んでいただき、焦らず、1つ1つ段階を踏む質の高いリハビリを行っていただき、1人でも多くの方のADLが改善されることを願っております。

 

ぐんま訪問リハビリセンター
URL https://gunma-rehabili.com/
群馬県伊勢崎市日乃出町492-5-101
【通話料無料】0120-187-497


 

保険適用外の自費リハビリってどうなの?

こんにちは。

群馬県全域(伊勢崎市、太田市、館林市、桐生市、前橋市、高崎市など)、埼玉県の一部地域(本庄市、深谷市)で健康保険を使った訪問リハビリ・訪問マッサージをおこなっている、ぐんま訪問リハビリセンターです。

今回は、東京や大阪などの都内を中心に最近増えている、『保険適用外の自費リハビリ』について、ご説明いたします。当社のお客様の中にも、保険適用外の自費リハビリに興味を持っている患者様が多くおられるので、保険適用外の自費リハビリはどういう事をやってくれるのか?保険を使ったリハビリとの違いなどについても説明させて頂きます。

保険適用リハビリとは

まず、保険を使ったリハビリには大きく2つに分けられます。
(※脳梗塞や脳出血を発症して、すぐに行う病院での急性期リハビリ・回復期リハビリはここでは除外します。あくまで退院後のリハビリの話となります。)

①介護保険を使った(訪問)リハビリ
②健康保険を使った(訪問)リハビリ・訪問マッサージ

それぞれのメリットやデメリットをご説明いたします。

介護保険や健康保険を使うリハビリのメリット

保険が適用されるので低料金で受ける事ができます
①健康保険を使った訪問リハビリ・訪問マッサージの場合:1回30分のリハビリやマッサージが300円~400円程度で受ける事ができます。
(※なお、障がい者認定1級・2級の方は無料となります)
②介護保険を使った訪問リハビリの場合:1回40分のリハビリが600円程度で受ける事ができます。
保険が適用されるという事は、脳梗塞や脳出血の後遺症に対するリハビリやマッサージの効果を国が認めたという意味ですので実績や安心感があります。
国家資格者がリハビリやマッサージを行いますので、一定以上の技術レベルは担保されています。

介護保険や健康保険を使うリハビリのデメリット

介護保険リハビリのデメリット

①介護保険を使った訪問リハビリの場合:1回に受けられるリハビリ時間や1週間に受けられる回数に限りがあります。よくあるケースとしては、デイサービスに週に通ってしまうと、介護保険の点数が一杯になってしまい、訪問リハビリが受けられないというケースです。

②介護保険を使ったデイサービスなどでのリハビリの場合:どうしても集団でのリハビリとなってしまうので、お客様の症状や希望に応じた個別のリハビリが困難です。

③介護保険を使ったリハビリの場合、あまりリハビリに強くない看護師さんがリハビリを行うケースがあります。理学療法士(PT)や作業療法士(OT)さんは人数が少なく、リハビリ事業所でも療法士さんの確保が困難なため、訪問リハビリで看護師さんを派遣するケースが少なくありません。看護師さんの場合、リハビリが専門とは言えないため、お客様やご家族様が満足のいくリハビリが提供できない場合があります

健康保険の訪問リハビリ・マッサージのデメリット

①週に受けられる回数に制限はありませんが、1回のリハビリの時間が30分程度に設定されているケースが殆どであり、「早く社会復帰したいからもう少し長い時間リハビリをやってほしい」等のニーズに対応できない場合がございます。

健康保険を使った訪問リハビリ・マッサージは、マッサージ師や鍼灸師がリハビリやマッサージを行います。そのため、全員が病院などでのリハビリ経験があるとは限らないのが実情です。病院などでリハビリを担当していたマッサージ師などもおりますが、巷のマッサージ師・鍼灸師の全員の技術力が担保されているとは言えません。

③健康保険を使った訪問リハビリ・マッサージの場合、『医師の同意』が必要となるため受けたくても受けられない場合があります。介護保険を使った訪問リハビリの場合、お客様が「受けたい」と思えば受けられるのに対し、健康保険を使った訪問リハビリ・マッサージの場合は、医師の同意が得られず受けられないケースがございます。

このように介護保険、健康保険いずれの場合も、完全にお客様主体とは言えないのが保険適用のリハビリのデメリットです。

保険適用外の自費リハビリはどうなの?

先程、述べたように、保険適用のリハビリだけで良くなるのが1番良いのですが、中には、「1回30分程度のリハビリでは満足できない!自分は早期に復帰して会社に戻りたいから毎日2時間みっちりとリハビリをしてほしいんだ!」という要望などには対応できていないのが現状です。

「病院を退院してからは充分なリハビリが受けられない・・・」こうした意見を反映して生まれたのが、保険を使わない(保険適用外)自費リハビリと呼ばれるものです。

保険適用外の自費リハビリのメリットは?

理学療法士、作業療法士、鍼灸師などが在籍し、専門性が高く質の高いリハビリを提供しているケースが多い
☑リハビリの量や頻度をお客様が選択する事ができるので、『1回で2時間くらいリハビリをしてほしい!』『短期間で集中的にリハビリをしたい』というお客様の細やかなニーズなどに対応しやすい

の2点が挙げられます。

歩行リハビリに専門特化し、歩けるようになる事を目的としている事業所など、保険適用外ならではのお客様のニーズに合わせたリハビリを提供しています。

保険適用外の自費リハビリのデメリットは?

もちろん、良い事だけではありません。
保険適用外ならではのデメリットもあります。

保険適用外のため、費用が高額になりがちです。
1回2時間のリハビリで数万円かかるケースもあります。
2か月で30万円程度かかってしまうなど、経済的なご負担が大きくなってしまうのがデメリットです。

②保険を使ったリハビリと異なり、医師の指示や同意が無く、事業所の理学療法士さんや作業療法士さんの独断でのリハビリとなるため、効果がやや未知数です。
(※効果に再現性があるのか未知数なため保険適用外となっています)

 

このように、保険を使ったリハビリ、保険適用外のリハビリ、どちらも一長一短あるのが現状です。

 

お客様やご家族様の、状況や希望によって最適な選択というのは異なってきますので、1つの選択肢として保険適用外の自費リハビリの仕組みやメリット、デメリットをご説明させて頂きました。何らかの参考になれば幸いです。

 

ぐんま訪問リハビリセンター
URL https://gunma-rehabili.com/
群馬県伊勢崎市日乃出町492-5-101
【通話料無料】0120-187-497


 

リハビリ難民の救世主!? 健康保険が使える訪問リハビリ・マッサージ

こんにちは。

群馬県全域(伊勢崎市、太田市、館林市、桐生市、前橋市、高崎市など)、埼玉県の一部地域(本庄市、深谷市)で健康保険を使った訪問リハビリ・訪問マッサージをおこなっている、ぐんま訪問リハビリセンターです。

今回は、ほとんどの方が知らない、健康保険(医療保険)を使った訪問リハビリ・訪問マッサージについてご説明させて頂きます。

病院を退院してリハビリがガクンと減ってしまった方、病院に入院中はなんとか一人で歩けたが退院してから歩けなくなってしまった方などにお役だちできる記事となっております。

現在のリハビリの問題点~退院後はリハビリを受けたくても受けられない~

病院での入院中に行うリハビリには「急性期リハビリ」と「回復期リハビリ」の2つがあります。

しかし、急性期リハビリと回復期リハビリは、家庭での生活に必要な最低限の身体機能のみの回復を目的としています

具体的に言うと、歩行に関しては、「歩行器や杖、装具などの補助器具を用いて歩く事ができるようになること」が目標となり、自分の足で歩けることを目的としているものではありません。

☑脳卒中の後遺症が軽度の場合は、入院中のリハビリで自力で歩けるようになることも充分に可能です。

脳卒中の後遺症が重度の場合は、一人では歩けない状態でリハビリを終えなければならないケースも多いのです。

重度の後遺症が残った方は、医療機関で入院リハビリを終えた後、有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅に転院したり、自宅からデイサービスに通院するなどリハビリを継続する努力をしなければなりません。

しかし、介護保険を用いたリハビリは、歩けるようになる等の身体機能の改善が目的ではなく、現状維持が目的となっています。

☑デイサービスなどの施設の場合は、マンツーマンでのリハビリではなく集団での運動になっているケースが多く、個々人に合わせたリハビリができません。
☑有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅などの施設の場合は、そもそもリハビリができるスタッフさんがいないケースも多いです。

結果として、現在の日本の医療制度では、リハビリが受けたくても受けられないというリハビリ難民を産みだしているという結果になってしまっております。

介護保険が一杯でも受けられる!健康保険を使った訪問リハビリ・マッサージ

「リハビリを受けたいけど、充分なリハビリが受けられていない」という方に、知っていただきたいのが、健康保険を使った訪問リハビリ・訪問マッサージです。

訪問リハビリ・マッサージは、脳梗塞や脳出血の後遺症などで歩行が困難で病院に通うのも大変な方に対して、ご自宅まで訪問してリハビリやマッサージを行うサービスです。病院と同じように健康保険が使えるため、1回300円‐400円程度で受ける事ができます。
※障がい者1級・2級の方は国の補助が出るため、無料です。

どういう人がリハビリやマッサージをしてくれるの?

介護保険の訪問リハビリの場合は、理学療法士さん(PT)や作業療法士さん(OT)、看護師さんが、ご自宅まで来てリハビリやマッサージをします。

一方、健康保険を使った訪問リハビリの場合は、国家資格を持ったマッサージ師(鍼灸師)がリハビリやマッサージ、鍼灸などを行います。

注意点としては、介護保険の場合も、健康保険の場合も、『自分が求めるリハビリができるか』を予め確認しておくことが非常に大切です

例えば、介護保険の訪問リハビリの場合だと、歩行訓練を中心とした下肢のリハビリがしたいのに、理学療法士さんが来れず、上肢のリハビリを主とした作業療法士さんや、リハビリが得意でない看護師さんしか来れないというケースもあります。

健康保険の訪問リハビリの場合だと、リハビリをしたいのに病院でのリハビリ経験がないマッサージ師などに依頼してしまうと、そもそもリハビリができませんので目的を達成できません。

訪問リハビリを依頼するときは、今の自分の状況(脳梗塞左片マヒで歩くのが難しい等)や自分の目的(早期に歩けるようになりたい等)をしっかりと伝えて、自分に最適なリハビリ担当者をつけてもらうことが大切です。

介護保険の枠が一杯なんだけど受けられるの?

健康保険を使うため、介護保険が一杯でも受ける事ができるのも特徴です。
「介護保険を使った訪問リハビリを受けたいんだけど、介護保険の枠がいっぱいだからこれ以上の介護サービスは受けられないわ・・・」という方も安心して受ける事が可能です。

また、有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅などの施設で受ける事も可能です。
特に、施設に入所している場合、リハビリができるスタッフさんがいないケースも多いので、訪問リハビリ・マッサージのような外部サービスを上手く使う事で、リハビリの時間と頻度を確保する事が大切です。

パーキンソン病や脊柱管狭窄症、脊髄小脳変性症などの病気の人は受けられるの?

はい。脳梗塞や脳出血の後遺症以外の方にも効果をあげております。
パーキンソン病、脊柱管狭窄症、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症(ALS)、坐骨神経痛、変形性膝関節症などのご病気のお客様も受ける事が可能です。

 

ぐんま訪問リハビリセンター
URL https://gunma-rehabili.com/
群馬県伊勢崎市日乃出町492-5-101
【通話料無料】0120-187-497