急がば回れ!歩行や立ち上がりを安定させるリハビリ方法

こんにちは。

群馬県全域(伊勢崎市、太田市、館林市、桐生市、前橋市、高崎市など)、埼玉県の一部地域(本庄市、深谷市)で健康保険を使った訪問リハビリ・訪問マッサージをおこなっている、ぐんま訪問リハビリセンターです。

今回は、【在宅でのリハビリで、有効かつ安全に行える体幹を鍛えるリハビリ方法】をお伝えいたします。

このブログでも何度かご説明している点ですが、「早く歩けるようになりたい!」と言って、基礎的なトレーニングをせずに、いきなり歩行訓練をやりたがる患者様やご家族様がおりますす。

もちろん、そのお気持ちはよく分かるのですが、安定した歩行を実現するためにはその基礎となる、四肢や体幹の筋力強化、四肢や体幹の連動性、バランス力の強化などが非常に大切です。着実にステップを踏んでリハビリを行う事で転倒しにくい安定した歩行ができるようになります。

今回は、その中でも【体幹の筋力強化】に重点を置いた記事を書かせて頂きます。

歩行や座位の安定に大切な【体幹】とは

体幹は(簡単言うと)身体の胴体部分を意味し、腹筋や背筋などの腰回りの筋力を指します。

体幹は身体のバランスを良くするために必要な筋力であり、体幹が弱くなると

☑歩行の際にも身体がフラついてしまう
☑車イスやベッドに座位(座っている状態)の状態でも何かにつかまっていないと倒れてしまいそうになります
☑トイレなどで立ち上がる際に、身体がフラついてしまう

など、主に身体を支える事ができなくなるという事になってしまいます。
手や足をスムーズに動かすためにはその土台となる体幹を鍛える事が大切です。

脳梗塞や脳出血の後遺症の方こそ、体幹を鍛えるべき

特に、脳梗塞や脳出血後遺症で片麻痺の方などは、転倒を防ぐために(フラつかないために)、体幹を鍛える事は非常に重要です。

脳梗塞や脳出血の後遺症の方でも体幹を鍛える事で

・麻痺があっても、起き上がりや歩行の動作がしやすくなるので1人でできる事が多くなります
・患者様が1人でできる事が多くなるので、介護する側の負担も減ります
・姿勢が正しくなるので歩行が安定し、転倒しにくくなります

このように脳卒中の患者様にも高い効果が見込めるリハビリなので、是非、毎日の自主的なリハビリに取り入れてみてください。

自宅で1人でできて、体幹を鍛える効果的な2つのリハビリ方法

お尻上げ体操

体幹を鍛えるだけでなく、腹筋や背筋を鍛えるので便秘にも効果があるリハビリです。
また、股関節を動かすので股関節が固くなるのを防ぐ効果もあります。

【やり方】

1、ベッドに仰向けになり膝を曲げ足の裏をベッドにつけます。
(※補助の方がいれば足を抑えてもらうとお尻を上げやすくなります)
2、お尻を上に、上げます。
3、お尻を数秒~10秒間ほど上げたままにして、ゆっくりと下します。
4、これを10セットを目標に繰り返してください。

 

ゆらゆら体操

これも体幹を鍛えるだけでなく、腹筋や背筋を鍛えるので便秘予防にも効果的です。

【やり方】

1、ベッドに座った状態、もしくは、イスに座った状態で右⇒左⇒右に身体を傾ける。
(※補助の方がいない場合は、転倒しないように、てすりなどをすぐに持てる状態で行ってください。
2、慣れてきたら、前後に身体を揺らすのも効果的です。
3、さらには、円を描くように身体を揺らしてみてください。

いかがでしたでしょうか?

この2つのリハビリは自宅でも行えますし、手すりなどがあれば1人で安全にできますので、是非、毎日のリハビリに取り入れて頂き、体幹を鍛えて、1人でできる事を増やしていってください。歩行の際、立ち上がる際、座る際などにフラつかない安定した動作をするためにも日頃から体幹を鍛える事を意識してみることをお勧めいたします。

今回の記事も皆様の参考になれば幸いです。

ご不明点などもあれば、お気軽にお問い合わせくださいね。

ぐんま訪問リハビリセンター
URL https://gunma-rehabili.com/
群馬県伊勢崎市日乃出町492-5-101
【通話料無料】0120-187-497

なぜ、老人ホームなどの施設に入ると歩けなくなってしまうのか?

こんにちは。

群馬県全域(伊勢崎市、太田市、館林市、桐生市、前橋市、高崎市など)、埼玉県の一部地域(本庄市、深谷市)で健康保険を使った訪問リハビリ・訪問マッサージをおこなっている、ぐんま訪問リハビリセンターです。

今回は、脳梗塞や脳出血を発症して病院などを退院してから、有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅、特別養護老人ホームなどの施設に入居する際の注意点をお伝えしたいと思います。

この記事を読んでいただくことで、
☑病院に入院してリハビリを頑張っていた時は歩けていたのに施設に入ったら歩けなくなってしまった
☑施設に入った頃は一人で立ち上がれたのに、いつの間にか寝たきりに近い状態になってしまった
という事を防ぐことができます。

なぜ、施設に入ってしまうと歩けなくなってしまうのか?

今回、私がこの記事を書こうと思ったのは、何人ものお客様やご家族様から下記のようなご相談を受けたからです。

☑「病院にいた頃は歩けていたのに、施設に入ってから2か月もすると歩けなくなってしまった・・・」
☑「施設に来た頃はトイレが一人でできていたのにできなくなってしまった・・・」
☑「施設に入ってから寝たきりに近い状態になってしまった・・・」

なぜ、このような事になってしまう方が多いのでしょうか?
これには明確な理由があります。

それは、『介護保険の制度趣旨というのは現状維持を目的とするものであって、身体機能の回復目的としていないから』です。要するに、有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅、特別養護老人ホームなどの施設では充分なリハビリが行えないからです。

病院でリハビリをしていた頃は歩けていたのに・・・

基本的には、脳梗塞や脳出血を発症すると、3か月~6か月程度入院をして、理学療法士(PT)さんや作業療法士(OT)さん、言語聴覚士(ST)さんのリハビリを各1時間ほど、集中的に受ける事ができます。

急性期や回復期というのは、最も回復が見込める時期でもありますので、その時期にリハビリを頑張って身体機能を改善させて、1人で歩けるようになり退院する事が望ましいのですが、そこまでの回復ができずに退院してしまう方も多くおります。

「介助者がいてくれれば、なんとか歩ける」
「手すりをつかめば、なんとか立ち上がれる」

こういった状態の方が、病院を退院して施設に入ってしまうと、リハビリの頻度がガクンと落ちてしまい、身体機能が急激に低下するケースが非常に多いのです。

病院でのリハビリというのは、身体機能を回復させて日常生活を1人でできるようになってもらう事が目的であるからリハビリを受ける機会が多くあったのに対し、介護保険というのは、現状維持が目的なので、リハビリをする機会が少なくなってしまいます

特に、退院後、自宅ではなく、有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅、特別養護老人ホームなどの施設に入ってしまうとその傾向が顕著に現れます。

老人ホームなどの施設に入ると、歩けなくなってしまう理由

自宅の場合は、ご家族様もいますので昼間はデイサービスに行ったりしますし、また、ご家族様も「身体を悪くさせたくない」という思いもあると思いますので、1人でできることはなるべく本人にやってもらうなどの対応をとると思います。

一方、老人ホームなどの施設の場合は、職員さんの数が圧倒的に足りないという事情もあり、1人1人の利用者様に丁寧に時間をかけられないのです。車いすに乗せたままずっとテレビを見ていてもらったり、ベッドに寝ていてもらったほうが職員さんにとっても都合が良いのが実情です。

こういった事情もあるので、利用者さんと一緒にリハビリをしたり身体を動かしたりなどの対応は望めるわけもなく、施設に入ると身体機能がどんどん落ちていってしまうという理由につながっています。

(※施設の職員さんが怠惰であるという意味では決してありません。
そもそも職員さんの数が足りないので、一緒にリハビリをしてあげたいと親切な職員さんが思っても1人1人に丁寧な対応ができないのです。)

また、そもそも老人ホームなどの施設の場合は、リハビリをできる職員さん自体がいないケースというのも多くあります。

老人ホームなどの施設に入る時に考えてほしい事とは

介護保険というのは、身体機能の回復が目的ではなく現状維持が目的だから、老人ホームなどの施設に入ってしまうと、リハビリを受ける機会がガクンと減ってしまうのも分かった。

でも、どうしても家庭の都合で施設に入らなければいけないという方もいると思います

そのように、病院を退院して、どうしても施設に入らなくては行けない場合に、リハビリを受ける手段として考えてほしいのが、健康保険を使った訪問リハビリ・マッサージです。

健康保険を使った訪問リハビリ・訪問マッサージとは

健康保険を使った訪問リハビリ・マッサージとは、脳梗塞や脳出血などの後遺症などで麻痺がある方などに対し、国家資格を持ったマッサージ師や鍼灸師などが、お客様のご自宅や施設まで訪問して、リハビリやマッサージを行う制度です。

病院と同じように、健康保険が適用されるため料金も1回300円-400円程度で受ける事ができます。※障がい者1級・2級の方は市の補助が出るため無料で受ける事ができます

施設などでも受ける事ができ、また、介護保険ではなく、健康保険が適用であり回数制限なども無いため、施設での空き時間にリハビリを利用できるのもポイントです。

ケアマネージャーさんも介護保険の専門家であり、この健康保険を使った訪問リハビリ・マッサージの事は詳しくないケースも多いので、聞いても分からない場合もあります。

患者様ご本人様やご家族様が知識をつけて、「施設に入ってからもリハビリを受けさせたい」と施設側に伝える事が身体機能を落とさない上で非常に大切です。

 

この記事を1人でも多くの方に読んでいただき、施設に入ってからもお身体の機能を落とさないようにして頂くと共に、1人でできることが多くなり、楽しい人生を送っていただく事を願っております。

 

ぐんま訪問リハビリセンター
URL https://gunma-rehabili.com/
群馬県伊勢崎市日乃出町492-5-101
【通話料無料】0120-187-497