脳梗塞や脳出血の後遺症の方のための正しいリハビリの3ステップ

 

こんにちは。

群馬県全域(伊勢崎市・太田市・館林市・桐生市など)、埼玉県の一部地域(本庄市・深谷市)で健康保険を使った訪問リハビリ・訪問マッサージをしているぐんま訪問リハビリセンターです。

 

 

今回は、脳梗塞・脳出血の後遺症の方のための正しいリハビリの3ステップをご紹介いたします。

・現在、片麻痺はあるけれどもなんとか歩ける方
・病院から退院してきたけど退院後も継続してリハビリを頑張っている方

このような方々にお役立ちできる記事となっています。

こんな間違いをしていませんか?

よくあるケースなのですが、一刻も早く歩けるようになりたいという理由から、長期の療養により体幹が崩れていたり(身体のバランスが悪くなっていたり)、筋力低下により足が細くなっているのに歩く練習ばかりしようとする事がよくあります。

これは赤ちゃんをいきなり歩かせるようなものです。

焦るお気持ちはよく分かるのですが、何事も正しいステップを踏むことが大切です。

脳梗塞・脳出血後遺症の患者様のための正しいリハビリの3ステップ

 

安定して歩けるようになるには次の3つのステップを踏むことが大切です。

 

ステップ①
四肢や体幹の筋力強化・マッサージなどで柔軟性の強化
(※四肢というのは上下の手足の事、体幹とは体の胴体部分の事)

先程の例のように、長期の療養や入院などで下肢の筋力が低下している状態では歩くのは難しいです。

まずこの段階の方が行うべきリハビリは

 

(1)ベッド上での筋力トレーニング

 

(2)座っている状態から立ちあがったりする練習

 

(3)歩く際に必要となる股関節の可動域を広げる訓練
※股関節が固まっていると歩くのが困難となるので、股関節の柔軟性も非常に大切です

などの基礎的な四肢や体幹の筋力強化が大切です

 

ステップ②
四肢や体幹の連動性を高めます

上記のような四肢や体幹の筋力を強化しただけでは身体をうまく使いこなすことはできません。身体をうまく使いこなすためには、四肢をうまく連動させる事が大切となります。

 

この段階の方が行うリハビリは

(1)膝立ちで歩く

(2)ベッド上から身体をうまく使って起き上がる練習

(3)四つん這いになって手と膝で歩く練習

 

などをする事で四肢の連動性を高める事ができます。

 

ステップ③
バランス力の強化

この段階の方が行うべきリハビリは、実際に立ち上がっておこなうリハビリです。

 

(1)平行棒を使って横歩きする練習

 

(2)片足立ち

をしたりしてバランス感覚を身に着けることで歩行がより安定してきます。

 

ここまで安定してできるようになれば、あとは転倒にだけ気をつけながら、歩行練習を重ねていきます。

 

当社では、このようなステップを踏むことで、歩行の安定化を図っております。

実際にこの3ステップを実践された方々

この3ステップをしっかりと実践された、群馬県太田市在住のK様は当初、施設で介護職員さんの手を借りながら過ごしていたのですが、リハビリを頑張って一人でなんとか歩けるレベルまで回復して現在は自宅に戻れております。

また、同じくこの3ステップを実践された、群馬県伊勢崎市在住のS様は、脳梗塞後遺症で障がい者1級だったにも関わらず、一人の時も膝立ち歩きなどを黙々とこなしていたようで今では自転車にも乗れるようになり職場復帰されております。

 

是非、本日の記事を参考にしながら諦めずリハビリを頑張ってください。
本日の記事が皆様のお役に立てれば幸いです。

 

ぐんま訪問リハビリセンター
https://gunma-rehabili.com/
群馬県伊勢崎市日乃出町492-5-101
【通話料無料】0120-187-497

無料体験も行っておりますので、お気軽に「無料体験を受けてみたい」とご連絡ください。


 

脳梗塞後遺症で片マヒ等になってしまった場合に知っておきたい、ある手続き

こんにちは。

群馬県全域(伊勢崎市・太田市・桐生市・館林市など)、埼玉県一部地域(本庄市・深谷市)で健康保険を使った訪問リハビリ・訪問マッサージを行っているぐんま訪問リハビリセンターです。

 

今回は、脳梗塞後遺症で片マヒなどになってしまった場合に知っておきたいある申請をご紹介いたします。

 

それは障がい者認定の申請です。

 

脳梗塞後遺症などで片マヒになってしまうと、トイレやお食事など、生活全般で家族や施設の方の介助が必要になるケースが多く見られます。
お薬なども定期的に飲む必要も出てきて患者様やご家族様の経済的な負担も多くなってしまっているのが現状です。

障がい者福祉制度とは

 

脳梗塞片マヒや脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症(ALS)などの患者様・ご家族様には、国や市町村で経済的な補助をしてあげようという制度が、この障がい者福祉制度なのです。

 

では、この障がい者認定を受けるとどのような補助が受けられるのでしょうか?

脳梗塞の患者様が障がい者認定を取得するメリットとデメリット

 

【メリット】

医療費が無料になる
これが障がい者認定の最も大きなメリットになると思います。

脳梗塞片マヒや脊髄小脳変性症などで、1人での生活が困難で障がい者認定が認められると医療費が無料になります。

例えば、病院での診察代、病気に関わるお薬などが無料になります。

もちろん医療費が無料になりますので、医療保険(健康保険)を使った訪問リハビリ・訪問マッサージも無料で受けることが可能になります。

・群馬県の場合 障がい者1級・2級の方は医療費が無料です
(※群馬県太田市の場合は障がい者1級・2級・3級まで無料となっています)
・埼玉県本庄市・深谷市の場合 障がい者1級・2級の方は医療費が無料です

②車いすなどの装具や家のリフォームなどにも助成があります

③所得税や住民税などの税金の軽減措置もあります

④鉄道やバスなどの公共サービスが割引されます。
例えばJRなどでは、身体障がい者手帳を持っていると、本人と介助者1人の運賃が半額になります。高速道路料金も予め市町村に届け出ることにより、半額で乗れるようになります。

【デメリット】

障がい者認定を申請するデメリットは特にありません
ただし、障がい者手帳を持っているという事が心理的に嫌な感覚を受けてしまうという事がデメリットと言えるかもしれません。

意外と知られていない障がい者認定の申請

このように、脳梗塞の後遺症や難病などで1人で生活していくのが大変な方をサポートしようというのが障がい者福祉制度ですが、脳梗塞やパーキンソン病の方でマヒや障害などがあっても持っていない方もおられます。

 

介護保険の専門家であるケアマネージャーさんも、この障がい者認定については詳しくない方も多く見られます。

 

知っているか知らないかで経済的に大きな差が出てくる制度なので、申請するかしないかは別にしても知っておくと良い制度です。

 

障がい者福祉制度は「障害を持っている方を国や市町村で保護しよう」というのが制度趣旨なので乱用してはいけませんが、1人で生活するのも困難で介助を受けないと生活ができないという方は是非、この障がい者認定の申請を考えてみても良いと思います。

 

当社でも、脳梗塞後遺症で障がい者1級の状態からリハビリを頑張って、今は自転車に乗れるようになり元気に働いている方もおられます。

 

本日の記事が少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

 

ぐんま訪問リハビリセンター
https://gunma-rehabili.com/

群馬県伊勢崎市日乃出町492-5-101
【通話料無料】0120-187-497


 

脳梗塞後遺症の方は必読!身体機能が回復する方に共通する3つのポイント

こんにちは。

群馬県全域(伊勢崎市・太田市・館林市・桐生市・前橋市・高崎市など)、埼玉県一部地域(本庄市・深谷市)で健康保険を使った訪問リハビリ・訪問マッサージをおこなっている、ぐんま訪問リハビリセンターです。

 

今回は、下記に当てはまる患者様、ご家族様に特に読んでいただきたい記事となっております。

 

①脳梗塞後遺症などで入院していたが、今から病院を退院しようと思っている
②脳梗塞後遺症などで入院していたが、病院を退院して、特別養護老人ホームや有料老人ホームなどの施設に入った
③脳梗塞後遺症などで病院に入院していたが、病院を退院して自宅に戻った

脳梗塞になってしまったら抑えてほしい3つのリハビリ

 

まず、脳梗塞後遺症になったら抑えてほしい3つの言葉があります。

 

急性期リハビリ(目安:発症~2週間程度)
病院に搬送されて意識が戻ったらすぐに行われるリハビリです。
悪くならないようにする事を目的に行われます。
次の回復期に備えるための期間です。

 

回復期リハビリ(目安:急性期に移ってから3~6か月)
急性期を終えた後に、行われるリハビリです。
搬送先の病院に充分なリハビリ設備が無い場合はこの段階でリハビリの専門病院に移るケースもあります。
回復期のリハビリが最も大事です。
脳梗塞などで麻痺が残り、機能が低下してしまった部位を改善したり、麻痺していない側の部位だけで日常生活を送れるようにするための実践的なリハビリが行われます。

回復期リハビリでは主に、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)と呼ばれる専門のリハビリスタッフがついて、各1時間程度、集中してリハビリを行うのが特徴です。

この回復期は身体機能の改善が最も見込まれる期間なので、回復期のリハビリをいかに頑張るかで、その後が大きく変わってくると言っても過言ではない位大事な期間です。
患者様、ご家族様ともに希望をもって、頑張って回復期のリハビリに取り組むことが非常に大事です。

 

維持期リハビリ(目安:発症から6か月以降)
退院後に自宅や施設などで行うリハビリです。
維持期は医療保険ではなく、介護保険を使ってのリハビリがメインとなります。
介護保険は「機能を改善する事」は目的としておらず、「現状維持が目的」となので、
退院後に充分なリハビリが受けられないケースが多く見られます

病院への入院には日数制限があるのをご存知ですか?

 

なお、医療保険が適用される病院でのリハビリは、入院に日数制限があります。

・脳血管障害では150日
・高次脳機能障害を伴った重篤な脳血管障害(言語障害など日常生活に支障が出るレベル)では180日

となっております。

 

ここまでを抑えて頂いた上で、あなたにお伝えしたいことが3つあります。
脳梗塞になってしまっても歩けるようになったり、社会復帰されているような方は下記のような特徴がよく見られます。

脳梗塞になってしまったら押さえておきたい大事な3つのポイント

 

最も回復が見られる急性期・回復期にしっかりとリハビリに取り組むこと

維持期に入ってから良くなるケースももちろん見られます。
しかし、一般的には機能の回復が最も見られるのは急性期・回復期です。
急に身体が動かなくなって不安もあると思いますが、そこで諦めてしまっては良くなりません。

「必ず良くなる!治してみせる」と自分を信じて、急性期・回復期はリハビリを頑張るのが1つめのポイントです。

 

可能な限り、最大期間、病院に入院してリハビリを受ける事

この2番目のポイントが1番大切です。
急性期・回復期が最も良くなる時期だからという理由だけではなく、病院を退院してしまうと、リハビリをする機会がほとんど無くなってしまうという事実があるからです。

なぜなら、退院してしまうとほとんどの方が介護保険を使いますが、
介護保険は「良くなる事」が目的ではなく、現状維持が目的だからです。

特に、有料老人ホームなどの施設に入ってしまうと、リハビリをできるスタッフが殆どおらず、1週間に30分もリハビリができないというケースもよく見られます
これは、施設が悪いのではなく、介護保険という制度がそのような制度趣旨のため、仕方のない事なのです。

当社にも、施設や自宅に戻ってから充分なリハビリが受けられていないというご相談の電話が多く見られます。

そのためにも、このブログを読んでいただいたあなたには、是非、可能な限り最大日数、病院に入院できるよう相談員さんや医師に相談をして、理学療法士さん、作業療法士さん、言語聴覚士さんから充分なリハビリを受けてください。

 

維持期(退院後)も早期にリハビリをできる環境を作る事

介護保険は原状維持が目的となっているという話をしました。
介護保険にも訪問リハビリという制度がありますが、介護保険には枠があるのと、理学療法士が足りていないという理由もあり、満足なリハビリを受ける機会が減ってしまう方が多いです。

 

そういった時に利用を検討していただきたいのが、健康保険(医療保険)を使った訪問リハビリ・訪問マッサージです。

リハビリに力を入れている業者さんであればより良いと思います。

できれば、
病院でのリハビリ経験などがあるか?
理学療法士などは在籍しているか?
リハビリに力を入れているか?

などを聞いて頂いて、ご自分に合ったリハビリスタッフを見つけることが大切です。

 

ぐんま訪問リハビリセンターでも、本庄市の岡病院や、伊勢崎市の美原記念病院、太田市の城山病院などでリハビリを担当していたスタッフや理学療法士(PT)を持ったマッサージ師などが在籍しています。

 

無料体験も行っておりますので、ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

0120-187-497

 

本日の記事が皆様のお役に立てば幸いです。

 

 

ぐんま訪問リハビリセンター
https://gunma-rehabili.com/
群馬県伊勢崎市日乃出町492‐5‐101
【通話料無料】 0120‐187‐497